スキー学習

雪国の学校は、冬の体育の授業はスキーです。

弊社の会社向いに小学校があり、小山でスキーをやっていました。

 

P1010729.JPG

 

県外に出て、秋田から来たと言うと「スキーうまいでしょ?」とよく言われます。

がんばれ「キラリッこ」。

先輩が応援してるぞ。

 

 

作成者:齋藤(智)   2009年1月22日(木)

 

雪の中休み

昨日の日曜日は快晴でしたね。

思わず車を止めて、パチリ。

 

P1010740.JPG

 

真っ白な田園風景。

 

よく地方の人は卑下して、「田舎にゃなんもねーから」と言いますが、そんなことはないと思うけどなー。

こんな風景なかなかないですよ。

 

 

数年前の1月18日も快晴。

私たちが結婚式を挙げた日でした。

結婚記念日ということで羽後町の「櫻山」で食事をして来ました。

こだわった食材に手間をかけた料理はとても美味でした。

 

来年も晴れるか?

 

 

作成者:齋藤(智)   2009年1月19日(月)

 

防寒具

秋田の冬は厳しいですね。

改めて感じます。

雪に攻め込まれている感さえあります。

それでも今年は雪が少ないようです。

 

雪国の服装の話になるのですが、10代の頃はカッコつけて大雪の時でもスニーカーを履いて、靴下をビショビショにしていましたが、今は迷わず長靴です。

P1010702.JPG 

 

足首くらいの雪なら全然へっちゃらです。

P1010700.JPG 

 

会社に来る営業マンもスーツに長靴。 

P1010723.JPG 

 

家の玄関も長靴が勢揃い。

 

もちろん、場をわきまえて、長靴以外も履きますけどね。 

P1010398.JPG 

もう一つがズボンの下にはく下着、俗に言う「ズボン下」(そのままだな)。

昔は「ズボン下」の色はたいてい白であり、裾からチラリと覗く「ズボン下」がイヤで、絶対はかないと思っていましたが、今は濃い色もあるんですね(昔からあった?)。

 

さらに汗を吸って発熱するというスグレモノ。

上半身は重ね着がしやすいけど、下半身はムズカシイので、雪かきはこれでバッチリです。 

 

まだ1月。雪とは切り離せない生活なので、寒さを防ぎ、前向きに暮していきたいです。

 

 

作成者:齋藤(智)   2009年1月17日(土)

ジュネス栗駒スキー場

正月休み中は、2年ぶりとなるスキーで、ジュネス栗駒スキー場に行ってきました。

P1010672.JPG 

 

まずは下準備ということで、ワックス塗り。

 

簡易的なものでサッと済ませました。

P1010680.JPG 

そしてスキー場へ。

1時間足らずで到着。

天気も良く、気がはやります。

 

平日だったので、他のお客さんは少なく、ガンガン滑ることができました。

 

私のスキーは、大学時代にアルバイトをして買ったものなので、10年以上前のシロモノ。

今はカービングスキーがほとんど。長さも短く、かなり中間が細くなっています。
P1010679.JPG 

真ん中の私のものと比べるとこの通り。

車のトランクに悠々入るんじゃないでしょうか。

 

懐かしいスキーだなと見られていたかもしれませんね・・・。

P1010681.JPG 

スキー場の営業が終わってからは、隣に併設の温泉で汗を流してきました。

入浴料が300円と安いのは嬉しい限りです。

 

スキーのあとは温泉というのが、定番コースになりそうです。

 

作成者:齋藤(智)   2009年1月14日(水)

信仰心

大晦日から元旦にかけての一コマ一コマ。
P1010620.JPG 

 

神棚にお供えものをあげ、

P1010632.JPG 

 

床の間・仏壇にも料理を供えました。 

P1010649.JPG 

 

そして元旦は近くの神社に初詣。

 

毎年の光景です。  

 

最近は神棚や床の間・仏壇スペースを設えない家が増えてきたように思いますが、神仏を崇める気持ちを大切にしたいですね。

 

人生は予期せぬ出来事に満ちているので、神仏を大事にしてきた日本人の心が、年を重ねるごとに分かる気がします。

 

もちろん自分の努力・注意も大切ですが、それだけでは何ともならないことがあるように思います。 

P1010653.JPG 

 

私は特定の宗教を信じているわけではないのですがね。

 

作成者:齋藤(智)   2009年1月9日(金)

 

あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 

P1010604.JPG

 

昨年の4月に秋田へ帰って来て、18歳の時と33歳の今自分が感じる故郷は随分と違っています。

 

もちろん時代の流れもあるだろうし、社会人となっての見方もあるでしょう。

 

ネガティブな考えではなく、何とかみんなが元気になるように願っています。

 

これからも秋田のいいところをブログに書いていきたいです。

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

作成者:齋藤(智)   2009年1月8日(木)

▲このページTOPへ
img_contact.gif